スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





不況でも強い投資信託の中身について


昨年から米国の住宅ローン債券の焦付き問題が本格的に浮上した
わけですが、昨年までは国内投資家保有の投信残高は増加し続け
ていたわけですが、今では大きく低迷しています。



毎月、日本証券業協会から国内投信と外国投信の残高が発表され
るのですが、内容は決して良くありません。



実際に株式投信から資金が流出し、海外株式相場が大きく低迷して
いるため運用低下が残高を押し下げる格好となりました。



国内の株式市場が大きく低迷しているので、値頃感から一時取引が
活発化することが予想されたのですが、トヨタなどの主力企業が赤字
に転落している状況なので見送るケースが増えているようです。



国内の金融商品を取り囲む環境が今年後半からさらに悪化することと
なったので金融市場がさらに深刻なレベルに低迷することが懸念され、
投資信託も依然として伸び悩んでいます。



こうした状況下でも純資産残高を伸ばしているのが毎月収益分配金が
支給されるグローバル・ソブリン・オープンです。



運用先が各国のリスクの低い債券を中心に運用されているのも安全度
が高いので個人投資家に受けているようです。



ですので、けっして投資信託の人気がなくなったとか、資産運用に興味
が無くなったわけではなく、多くの人が投資先を待ち望んでいる状況に
あるわけですので、時代にあった商品の登場が待たれます。





スポンサーサイト

テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 外国投信

さらに詳しく調べる




 検索例  

投資信託 資産運用 手数料 などと入力

メニュー


カテゴリー


お問い合わせフォーム



タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

投資信託 郵便局 証券会社 債券 ゆうちょ銀行 ファンド 日経平均株価 資産運用 目論見書 国債 分配金 銘柄 株式 中国株 ETF 外国株式ファンド 外国債券ファンド インデックスファンド 日本株 ファンドマネジャー 有価証券 外国投信残高 基準価額 信託報酬 海外資産 2次補正原案 交付税5千億円 総額2兆円 販売手数料 純資産額 外国投信 上場投資信託とは ファンド・オブ・ファンズ 株式投資信託 米国債 米ドル 株式ファンド 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。