スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





アクティブファンドを選ぶポイント


投資信託を選ぶにあたって、多くの方が目を奪われてしまうのが、直近に大きくパフォーマンス
が上昇しているものです。急上昇したものは急降下しやすいと良くいわれます。



ですので、基本的にはこういったものよりも、長期的に安定した収益をあげているファンドを選ぶ
べきなのです。今回はアクティブファンドを選ぶポイントについて解説させていただきます。



まず、ファンドの目論見書をしっかりと読み込んでいただき、最初に見てもらいたいのが、過去
5年間の運用実績です。これが市場平均よりも上回っていた場合、優秀と判断できます。



しかし、短い期間運用成績が良くても、その後は全くダメと、いうのでは本当に困ってしまいま
すので、過去5年程度好調さを維持してきたファンドなら十分信用できます。



そして、株式市場では、サブプライムローン問題などが浮上すると、一定の期間株価は大きく
低下することになります。このとき、市場平均よりも下落率が小さければ優良といえます。



最後に純資産額についてですが、純資産額についても、急上昇するのはあまり好ましくありま
せん。やはり、緩やかに上昇するほうが長期投資には適しているのです。



無理なく長期間にわたって運用するためにも、着実に堅実に増えているファンドの方が堅実な
投資では好まれます。上述した点を確認しながらファンドを選んでください。





スポンサーサイト

テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 投資信託 純資産額 目論見書 郵便局

さらに詳しく調べる




 検索例  

投資信託 資産運用 手数料 などと入力

メニュー


カテゴリー


お問い合わせフォーム



タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

投資信託 郵便局 証券会社 債券 ゆうちょ銀行 ファンド 日経平均株価 資産運用 目論見書 国債 分配金 銘柄 株式 中国株 ETF 外国株式ファンド 外国債券ファンド インデックスファンド 日本株 ファンドマネジャー 有価証券 外国投信残高 基準価額 信託報酬 海外資産 2次補正原案 交付税5千億円 総額2兆円 販売手数料 純資産額 外国投信 上場投資信託とは ファンド・オブ・ファンズ 株式投資信託 米国債 米ドル 株式ファンド 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。