スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





資産運用よりも資産保全をこころ得る


これほどまでに金融不安が広がっている状況下では、ニューヨーク株式市場が大きく暴落すれ
ば東京市場も連動して暴落する可能性が高いのは言うまでもありません。



当然、全面安のような格好になりますので、多くの銘柄が株価を削ります。そして、怖いのは
今現在のように、方向性がないまま、時間が経過してしまうことです。



ある日、突然ねらったかのように大暴落する可能性もあります。そして、長期的に市場全体が
低迷することになったら、分散投資効果は大きく低下します。



今、まさにそういった状況下にあるので、多くの投資信託が純資産を目減りさせているわけで
すが、2008年で、事実上米国のバブル経済が崩壊してしまったので、米国中心に経済発展
することは今後は考えられません。ですので、新しい時代を迎えるまでは厳しいでしょう。



あと4~5年は厳しい状況が続くと考えられている上に、米ドルと米国債が暴落する可能性が
高いといわれているので、早い段階で投資信託を現金化されたほうが良いかもしれません。
資産運用ではなく、資産保全が重要な時期に入っています。





スポンサーサイト

テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 投資信託 銘柄 米ドル 米国債

さらに詳しく調べる




 検索例  

投資信託 資産運用 手数料 などと入力

メニュー


カテゴリー


お問い合わせフォーム



タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

投資信託 郵便局 証券会社 債券 ゆうちょ銀行 ファンド 日経平均株価 資産運用 目論見書 国債 分配金 銘柄 株式 中国株 ETF 外国株式ファンド 外国債券ファンド インデックスファンド 日本株 ファンドマネジャー 有価証券 外国投信残高 基準価額 信託報酬 海外資産 2次補正原案 交付税5千億円 総額2兆円 販売手数料 純資産額 外国投信 上場投資信託とは ファンド・オブ・ファンズ 株式投資信託 米国債 米ドル 株式ファンド 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。