スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ETFで損した分を取り返す取引方法



2007年には投資信託に流れた資金量が過去最高レベルに達したわけですが、その後、
金融不安が世界的に広がったことによって大きく基準価格を下げています。


これは国内に流通している投資信託に限った話ではありません。


外国株ファンドを見ても似たような状況下にあります。


世界各国が好景気に沸いたとき以前の状態に戻ってしまいました。


乱高下が激しい相場では長期での投資が難しいです。



なので、投資信託のような長期での保有が基本とされている金融商品での資産運用は難しい
状況にあります。やはり、不況時にはできるだけ早い段階で現金化する方が良いでしょう。


特に今現在深刻な状況にあるだけになおさらです。


こうした状況下で資産運用を投資信託などのリスク商品で行うのは、あまりオススメ
することはできません。しかし、どうしてもというのであれば、ETFがおすすめです。



郵便局ではETFは投資することはできないので、別途、証券会社で取引口座を開設する
必要があります。国内では東証に上場しているETFへ投資可能です。



日経平均株価などの株価指数を対象としているので、銘柄分析も必要ありません。


2009年の3月から4月にかけて30%近く指数を戻しました。


この間、ETFへ投資すれば短期間で30%の利益を手にできました。


一方、個別銘柄で見た場合は、それほど大きく上げていません。


主力株のうち業績が良い銘柄指数を牽引する結果となったのです。なので、こうした
大きく下落した後のリバウンドを狙うのもETFであればスムーズに取引できます。






スポンサーサイト

テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : ETF

さらに詳しく調べる




 検索例  

投資信託 資産運用 手数料 などと入力

メニュー


カテゴリー


お問い合わせフォーム



タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

投資信託 郵便局 証券会社 債券 ゆうちょ銀行 ファンド 日経平均株価 資産運用 目論見書 国債 分配金 銘柄 株式 中国株 ETF 外国株式ファンド 外国債券ファンド インデックスファンド 日本株 ファンドマネジャー 有価証券 外国投信残高 基準価額 信託報酬 海外資産 2次補正原案 交付税5千億円 総額2兆円 販売手数料 純資産額 外国投信 上場投資信託とは ファンド・オブ・ファンズ 株式投資信託 米国債 米ドル 株式ファンド 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。