スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





分配金で投資信託を選ぶと損をする?


投資信託の魅力の一つとして分配金があげられます。分配金の額は購入される投資信託によって
異なりますが、しかし、投資する上ではそれほど大きなメリットはありません。


ファンドの資産=投資家の資産から支払われるからです。貯金を崩してお小遣いをもらうような
ものなんです。しかし、日本の投資家の多くが分配金に特別な魅力を感じるようです。


例えば一時期リタイア層を中心に売れに売れまくったグローバル・ソブリン・ファンドのような
定期的に分配金が支給されるファンドに魅力を感じ、過剰な期待を抱いてしまいます。


基準価格がすでに半分近くまで目減りし、売るに売れない状況になっている方も少なくありません。


分配金を頻繁に支給することで運用効率が悪くなってしまうのです。


ファンドの運営に大きな影響を与えるので、場合によっては基準価格がいつまでたってもあがら
ないという本末転倒な状況に陥る可能性も高いので、注意しなければなりません。


■分配金の種類について

分配金には普通分配金と特別分配金の2種類あり、課税の仕組みが異なるのですが普通分配金は
10%課税されるのに対して特別分配金は非課税となっています。


ちなみに10%源泉徴収課税されるのは株式投資信託だけです。


本来であれば2009年以降に20%に税率が引き上げられるはずだったのですが、リーマンショック
により景気が後退したことで株式市場全体が大きく低迷しているため期間が延長されました。


こうした税金についてもコストとしてシビアに考える必要があります。


投資信託は少額の資金で運用できる点は魅力ですが、手数料や税金でせっかくの利益が食われて
しまうことになりますので、後々になって知ったときに非常に損した気分になります。


もっとも長期間にわたって保有するのが投資信託での資産運用の基本とされています。


目先の利益にとらわれることなくトータルで投資信託を選ぶべきです。


そして、もし、難しいと思ったら購入するのは絶対に控えてください。

-------------------------------------------------------------------------------------
「PR」 女性の脱毛ならエステ脱毛が1番!お肌と心にやさしい3つの秘密!
-------------------------------------------------------------------------------------





スポンサーサイト

テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 投資信託 分配金

さらに詳しく調べる




 検索例  

投資信託 資産運用 手数料 などと入力

メニュー


カテゴリー


お問い合わせフォーム



タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

投資信託 郵便局 証券会社 債券 ゆうちょ銀行 ファンド 日経平均株価 資産運用 目論見書 国債 分配金 銘柄 株式 中国株 ETF 外国株式ファンド 外国債券ファンド インデックスファンド 日本株 ファンドマネジャー 有価証券 外国投信残高 基準価額 信託報酬 海外資産 2次補正原案 交付税5千億円 総額2兆円 販売手数料 純資産額 外国投信 上場投資信託とは ファンド・オブ・ファンズ 株式投資信託 米国債 米ドル 株式ファンド 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。