スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





特定郵便局が売却拒否




<特定郵便局が売却拒否>




本日の時事通信の記事によりますと、日本郵政公社は民営化にあたり経営合理化
の一環として特定郵便局の局舎買い取り交渉をこれまで進めてまいりました。


しかし、これまでのところ日本郵政公社の売却依頼の対象となる約4割に当たる
約900局で特定局長ら所有者が売却を拒否していることを明らかになりました。


現時点で日本郵政公社の売却依頼に応じるのは約600局とされております。


公社職員の福利厚生事業を行う財団法人郵政福祉(東京)は、保有863局の売却に
関し態度を保留しているもようです。


主な拒否の理由といたしましては、買い上げ価格に関しての不満などが多いようです。


一方、関係者によりますと、全国特定郵便局長会(全特)が特定局長に慎重な対応を
呼び掛けたことも影響しているとしております。


日本郵政公社は借り上げ局舎を自社所有に切り替えることで、民営化後の郵便局運営
コスト削減や機動的な局配置見直しを可能にする計画をたてておりましたが、現状を
考えますと、今後もより一層難航することが予想されます。 




「以下の記事より引用」


(時事通信)

『約900の特定局が売却拒否=局舎買い取りが難航−郵政公社』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070330-00000126-jij-bus_all





スポンサーサイト

民営化のメリット・デメリット


民営化とは、国営企業が民間企業と同じ領域でビジネスを展開することです。


ゆうちょ”は銀行と同じになり、”かんぽ”は生命保険会社と同じになると
考えて差し支えないと思います。


今現在の国営企業としての郵便局は、メリットとデメリットの両方ございます。


最大のメリットは信用です。


例え経営が破綻状態にあったとしても税金で穴埋めされます。


利用者にとってはもっとも安心な金融機関ということになります。


民間金融機関のように預金保険機構に加入する必要がございません。


ですので、コスト面での恩恵も非常に大きかったのです。


逆にデメリットは、商品サービスがすべて法律で定められていることです。


民間企業のように臨機応変な商品展開はできません。


民業を圧迫しないために、利用限度額もあります。


ゆうちょは預入額1000万円が上限です。


かんぽは、死亡保障1000万円、受取年金額90万円が上限です。


そのため貯金も保険も郵便局だけではカバーしきれず、民間の商品との組み
合わせで利用する人がほとんどでした。


民営化されれば、利用制限はなくなりますので、郵便局にとっては、大きな
ビジネスチャンスとなるわけです。


オリジナルのユニークな商品やサービスの登場が期待出来ます。


利用者に喜んでもらえる商品を提供するのは、ビジネスの基本です。


2005年10月に、投資信託の窓口販売がスタートしたのもそのひとつです。


ですので、証券会社や銀行と全く同じ条件での取扱になるため、郵便局の
サービス力が試されます。


郵便局がすでに民営化された海外の例をみると、コンビニやカフェが併設
されるなど、金融や郵便以外のジャンルでも地域密着型の幅広いサービス
が展開されることとなります。





郵便局の民営化について



1875年に郵便貯金が、そして、1916年に簡易保険がスタートしました。


長い間「国の金融機関」「庶民の金融機関」として親しまれてきた郵便局
が今年2007年に民営化されます。


世界最大の金融機関である郵便局を、そのまま民営化するのは大変なことです。


そのため、今ある組織を以下のように4つに分社化されます。


郵便  (郵便事業会社)

ゆうちょ(郵便貯金会社)

かんぽ (簡易保険会社)

郵便局 (郵便局会社)


「郵便局」が、「郵便」、「ゆうちょ」、「かんぽ」の3社から
 委託受けて商品を販売するというイメージです。


そして、4社を統括する親会社が「日本郵政株式会社」となります。


グループ全体の略称は「JP」になる予定です。


郵便局が民営化される事に対して、不安もありますが、先に民営化している
JR(旧国鉄)、 NTT(旧、日本電信電話公社)の成功例がございます。


ですので、民営化をきっかけに、また新たなサビースが生まれ、利用者に
よりやさしい郵便局に生まれ変わることでしょう。


民営化により効率優先になり、小さな地方の郵便局が閉鎖されるのではない
かと心配する声もございます。


これに関しては、「全国で利用されることを旨として郵便局を設置する」
法律で義務づけられているからです。


とくに過疎地に関しては、民営化時点での郵便局が維持されることがすでに
きまっているので、今まで通り利用することが出来ます。





さらに詳しく調べる




 検索例  

投資信託 資産運用 手数料 などと入力

メニュー


カテゴリー


お問い合わせフォーム



タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

投資信託 郵便局 証券会社 債券 ゆうちょ銀行 ファンド 日経平均株価 資産運用 目論見書 国債 分配金 銘柄 株式 中国株 ETF 外国株式ファンド 外国債券ファンド インデックスファンド 日本株 ファンドマネジャー 有価証券 外国投信残高 基準価額 信託報酬 海外資産 2次補正原案 交付税5千億円 総額2兆円 販売手数料 純資産額 外国投信 上場投資信託とは ファンド・オブ・ファンズ 株式投資信託 米国債 米ドル 株式ファンド 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。