スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ファンドの運用に対する姿勢を調べる

投資信託は分散投資効果が高い金融商品とされています。しかし、残念ながらリスク
は当然のことながらあります。このリスクに関して多くの方が誤解されています。



郵便局で販売されているだからといって、リスクがゼロというわけではありま
せん。必ずリスクは存在します。基準価格が大きく低下したことによって、運用資産が
目減りする可能性があることを常に意識しなければなりません。



いくら文句をいっても、お金が戻ってくるわけではありません。ですので、目論見表や、
運用レポートは必ず熟読して下さい。今回は運用レポートに記載されているリスクに
ついて誠に簡単ではございますが解説させて頂きたいと思います。



投資信託の運用レポートには必ずファンドのリスクに対する姿勢が記載されています
ので、くどいようですが後々後悔しないためにも必ず目を通しましょう。



どの投資信託運用レポートでも損失の可能性について触れています。必ず投資
元本を割り込む可能性が記載されているはずです。



人気の高いフィデリティ投信の場合は「ファンドに生じた損益はすべて受益者に帰属
し、元本が保証されるものではありません」と記載されています。



分かりやすく解説させていただきますと、ファンドに生じたすべての利益及び損失は
フィデリティ投信に帰属するのではなく、ファンド保有者に帰属する。つまり、フィデリ
ティ投信を購入した全ての投資家が該当することになります。



ですので、ファンドの価格変動リスクに関しては、フィデリティ投信を実際に保有して
いる投資家者が引き受けることになるわけです。



そして、ファンドに組成されている銘柄が経営破綻することを信用リスクといいます。
こうした信用リスクに関してもフィデリティ投信の購入者が引き受けることになります。



こうしたリスクはできれば避けたいところですが、リターンを強く望むのであれば、避け
ることはできませんので、事前にしっかりと把握しなければなりません。





スポンサーサイト

テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 郵便局

投資信託の運用レポートの読み方について

いうまでもなく、投資信託を購入するにあたって運用レポートを入手して過去の運用
実績を把握することは重要なことです。ですので、今回は運用レポートで必ず確認
すべきポイントについて簡単ではございますが解説させていただきます。



まず、投資対象が書かれていますので、しっかりと確認してください。株式投信であれ
ば投資対象は国内外の株式市場に上場されている銘柄が投資対象です。



そして、どのようにファンドは銘柄を選ぶのか、銘柄選定に関する基準が書かれていま
すので、こうした点もしっかりと確認してください。



「成長性の高い企業へ投資するのか?」、「大きな成長性は期待できないが、安定し
た業績を上げている企業に投資するのか?」。



仮に成長性の高い企業の株を運用するのであれば、何を基準に成長性の高さを判断
するのかといったことも記載されています。こうしたファンドの運用に対する姿勢を確認
した上で、貴方の投資スタイルにあっているのか確認しましょう。



当然のことながらファンドは企業価値や成長力を計るために色々な指標用いて高い
投資効果が期待できる企業の株を妥当な水準で購入するために汗を流しています。
ですので、思惑が外れた場合は投資対象から外します。



こうすることによって収益性を高めることにもなりますし、また、反対に損失を抑えること
もできるわけです。一方、リスクについてもしっかりと確認して下さい。



運用レポートには必ず元本割れに関するリスクについてしっかりと記載されていますの
リスクに対してファンド側はどのような姿勢を投資家に向けてとっているのかといった
ことも見落とさずにしっかりと確認して下さい。





テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : ファンド

ファンドの運用銘柄の財務諸表を確認

投資信託で資産運用を行うのであればファンドが運用している銘柄の業績についても
可能な限り把握する必要があります。株式市場に上場している企業は、投資家に対し
て適正な情報を提供する義務があります。



このため、財務諸表を多くの企業は作成するわけですが、財務諸表とは企業が事業を
行う上でどのようにお金を動かしているのかを示す資料です。一口に財務諸表といって
も色々ありますが、基本的には貸借対照表損益計算書がメインとなります。



損益計算書は企業が事業を運営することで手にした利益を表す書類です。今回はもう
一つの貸借対照表(バランスシート)について解説させていただきます。



貸借対照表は、期末日における財政状態を示めす重要な書類です。まず、左右に項目
がならんでいるわけですが、左側には「資産」、右側は「負債」「純資産」が表示され
ています。そして、これら左右の合計金額が一致することでバランスします。



なので、これがバランスシートといわれるゆえんなのですが、右側の「負債」・「純資産」
は、お金の調達の仕方を具体的に表します。



「負債」は、一般的な使われている通り、ようは企業が抱えた借金です。金融機関から
の借入金や、社債を発行することで投資家から借金した場合などに表示されます。



次に「純資産」株式の価値が表示されています。集めた資金が具体的にどのように
使われているのかを表します。企業が所有している土地建物だけではなく、実際に
販売するための商品や原材料、または現金や預金も資産に含まれます。



このバランスが良い状態にあれば成長性も期待できますが、あまりにも悪いと投資家
も離れていきますので、投資対象から外れることになります。バランスシートは企業の
通知表のようなものなので、企業の状態を計る重要な指標です。





テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 投資信託

分配金の種類と投資信託を選ぶ方法


投資信託での資産運用の魅力の一つに分配金が支給される点があげられます。実際
に分配金が支給されるのはファンドその物からなので特別大きなメリットではありませ
んが、日本国内の投資家の多くが投資信託の分配金に魅力を感じています。



また、注意していただきたいのはグローバル・ソブリン・ファンドのような定期的に分配
金が支給されているファンドに対して過剰な期待を抱いてしまうことです。



毎月分配金が支給されると得した気分になられるのかもしれませんが、実際に分配金
を頻繁に支給することによって運用の効率が悪くなってしまうのです。



そして、ファンドの運営に関しても影響を与えるので、基準価格がいつまでたってもあが
らないなんていう状況に陥る可能性も高いのです。



また、分配金には普通分配金と特別分配金の2種類あります。違いはなにかといいま
すと課税の仕組みが両者で異なります。基本的に普通分配金は10%課税されるの
に対して特別分配金は非課税となっています。



ちなみに10%源泉徴収課税されるのは株式投資信託だけです。本来2009年以降に
は20%に税率が引き上げられるはずだったのですが、ご存知のとおり株式市場全体
が大きく低迷しているため期間を延長するようです。



ですので、こうした課税に関する面もしっかりコストとして認識しないと利益が食われて
しまうことになりますので、後々非常に損した気分になります。



長期で保有するのが投資信託での資産運用の基本とされていますので、是非わずか
な目先の利益にとらわれるのではなく、トータルで投資信託を選ぶべきです。特に株式
投信の場合は株式市場が大きく低迷しているだけに注意が必要です。





テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 株式投資信託

他の人の意見から投資信託を選ぶ方法


投資信託を購入するに当たって何も考えずに郵便局や銀行などの金融機関の窓口
ですすめられる投資信託を購入してしまうのはあまりにも危険です。投資信託に限ら
ず投資する上で必要となるのが、しっかりとした基準をもつことです。



そうすることによって適切な投資判断を下すことができるようになります。そうなるため
にも、まずは色々な投資信託を比較検討してみることです。



「手数料はどうなっているのか?」「過去の基準価格の推移」「過去の分配金の支給」
といったことを比較しながら適切な基準をもうけてください。



とはいっても、一日中金融機関の窓口で過ごすわけには行きません。投資信託を比較
することができる非常に便利なサイトがあります。それが、国内外の投資信託を中心と
した金融商品を格付するモーニングスターです。



同サイトには人気の高い投資信託がランキング形式で掲載されているので、人気の
秘密を探りながら比較検討するのも面白いですね。



また、よさそうな投資信託をピックアップしたら必ず評判を確認してください。グーグル
やヤフーで検索をかけるのも良いのですが、教えてgooやヤフー知恵袋で知識のある
人に意見を求めるのも非常に有効な手段です。



過去には中国株ファンドで大きな利益をあげることができました。実際にものによって
はとてつもなく投資効率がよいことから、短期投資でも十分な利が出ました。



しかし、購入時期を大きく誤ってしまうと損失を被ることになりかねません。ですので、
他の人の意見を参考にしながら投資されることをおすすめします。





テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しく調べる




 検索例  

投資信託 資産運用 手数料 などと入力

メニュー


カテゴリー


お問い合わせフォーム



タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

投資信託 郵便局 証券会社 債券 ゆうちょ銀行 ファンド 日経平均株価 資産運用 目論見書 国債 分配金 銘柄 株式 中国株 ETF 外国株式ファンド 外国債券ファンド インデックスファンド 日本株 ファンドマネジャー 有価証券 外国投信残高 基準価額 信託報酬 海外資産 2次補正原案 交付税5千億円 総額2兆円 販売手数料 純資産額 外国投信 上場投資信託とは ファンド・オブ・ファンズ 株式投資信託 米国債 米ドル 株式ファンド 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。