スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





郵便局のサービスで投資効果を高める




今回は投資信託ではなく、郵便局のサービスについて解説させて頂きたいと思います。


投資信託はリスク商品ですので、大きな利益を得るチャンスがある代わりに、元本割れリスクもあり
ます。郵便局が取り扱っている金融商品の中でもっともリスクが高い金融商品といえると思います。

【PR】 CFDなら世界中の国債に投資できます!



一方、郵便局が取り扱っている人気商品といえば、やはり「ゆうちょ」です。


ちなみに「ゆうちょ」は郵便貯金の愛称なのです。ゆうちょの中でも定額貯金は他の金融機関の定期
預金よりも利便性が高いので特に人気が高い商品です。


預けてから半年経過すれば好きな時に解約することができるので、万一、急にお金が必要になったと
しても簡単に解約できます。ちょっとしたことですが、心理的負担を軽減してくれます。

1万円からOK!これからは郵便局ではじめる投資



また、定額貯金をスタートした時の金利が適用されます。ですので、今後、景気後退により金利が低下
する可能性がある中でも今現在設定されている金利が10年間適用されるのです。


金利が変動する場面で解約したり新しく始めたりすることで、有利に資産運用することができるのも
大きな魅力です。ゆうちょ銀行が設立されてからさらに利便性が増しています。


本当に利用者の立場に立ったサービスが充実しています。投資信託などのリスク商品での資産運用と
平行して定額貯金のような商品を利用してリスクを分散させることをおススメします。






テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : ゆうちょ銀行 郵便局 投資信託

さらに詳しく調べる




 検索例  

投資信託 資産運用 手数料 などと入力

メニュー


カテゴリー


お問い合わせフォーム



タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

投資信託 郵便局 証券会社 債券 ゆうちょ銀行 ファンド 日経平均株価 資産運用 目論見書 国債 分配金 銘柄 株式 中国株 ETF 外国株式ファンド 外国債券ファンド インデックスファンド 日本株 ファンドマネジャー 有価証券 外国投信残高 基準価額 信託報酬 海外資産 2次補正原案 交付税5千億円 総額2兆円 販売手数料 純資産額 外国投信 上場投資信託とは ファンド・オブ・ファンズ 株式投資信託 米国債 米ドル 株式ファンド 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。