スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





投資信託の販売手数料の注意点について


投資信託に限らず金融商品へ投資する場合は何らかの手数料が発生します。しかし、利益をあげる
ことばかりに意識が集中してしまうため、手数料が見落とされてしまいがちです。


株式投資の場合はネット証券が登場したことによって、売買手数料をはじめ、取引にかかる手数料が
割安に設定されていますので、それほど手数料に関してはシビアになる必要はありません。


しかし、投資信託の場合はそういうわけにはいきません。トータルの収益に大きく関わってきますので、
投資信託にかかる手数料に関しても十分注意する必要があります。


基本的に投資信託にかかるコストは販売手数料と信託手数料、そして信託財産留保額の3つです。
まず、販売手数料についてですが、投資信託を購入するさいに発生します。


投資信託を購入するにあたって投資信託の販売価格に対して一定の率や一定額を求められることに
なります。販売手数料は基本的に郵便局や証券会社などの販売窓口で購入時に支払われます。


そして、販売手数料の相場についてですが、一般的に1~3%かかるものが多いです。逆にノーロード
ファンドのように販売手数料が一切かからない投資信託もあります。






テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 投資信託 販売手数料

コメントの投稿

Secre

さらに詳しく調べる




 検索例  

投資信託 資産運用 手数料 などと入力

メニュー


カテゴリー


お問い合わせフォーム



タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

投資信託 郵便局 証券会社 債券 ゆうちょ銀行 ファンド 日経平均株価 資産運用 目論見書 国債 分配金 銘柄 株式 中国株 ETF 外国株式ファンド 外国債券ファンド インデックスファンド 日本株 ファンドマネジャー 有価証券 外国投信残高 基準価額 信託報酬 海外資産 2次補正原案 交付税5千億円 総額2兆円 販売手数料 純資産額 外国投信 上場投資信託とは ファンド・オブ・ファンズ 株式投資信託 米国債 米ドル 株式ファンド 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。