スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





債券ファンドの債券の仕組について


今現在、郵便局に限らず国内の金融機関で取り扱われている投資
信託の多くが株式で運用されているものが主流となっています。



そして、それと同様に様々な債券で運用されている投資信託も多数
あり、リスクが低いことから人気を博しています。



今回は、その債券の発行までの仕組みについて誠に簡単ではござ
いますが、解説させていただきたいと思います。



債券とは、銀行からお金を借りるのではなく、広く投資家から借金を
する時に発行される、いわば借用書のようなものです。



国が発行する債券を国債というのに対して、企業が発行する債券は
社債とよばれ、地方公共団体が発行する地方債、政府の保証付き
の政府保証債など、いろいろな債券がございます。


期間も1年未満から10年以上とさまざまです。


途中で支払う利息の金額も保証されています。


定期預金と似た商品ともいえます。債券は株式にくらべて安全性が
高いかわり、株式ほどリターンを得ることは難しくなっており、債券が
持つ最大のリスクは、発行した団体の破綻です。



また社債の利息支払いや満期金の払い戻しは債券を発行した会社
が保証しており、もしその会社が破綻してしまったら、利息の支払い
はストップし、満期金も全額は戻って来ないかもしれません。


そのため債券の金利は、発行体の安全度に応じて決められます。


安全度が高いものほど金利は低くなります。


日本でももっとも安全な債券は国が発行する国債です。


したがって国債の金利は、社債などにくらべて低めになっています。


満期前に売却した場合には、元本割れを起こす可能性があるのも、
債券特有のリスクとされています。



債券に限ったことではないのですが、固定金利の金融商品は金利
が上昇することでありがたみが薄れます。



債券を組入れた投資信託のファンドマネジャーは債券の安全性や
将来の金利動向に注意を傾けながら、常にもっとも効率的な運用
ができる組み合わせを考えています。





テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しく調べる




 検索例  

投資信託 資産運用 手数料 などと入力

メニュー


カテゴリー


お問い合わせフォーム



タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

投資信託 郵便局 証券会社 債券 ゆうちょ銀行 ファンド 日経平均株価 資産運用 目論見書 国債 分配金 銘柄 株式 中国株 ETF 外国株式ファンド 外国債券ファンド インデックスファンド 日本株 ファンドマネジャー 有価証券 外国投信残高 基準価額 信託報酬 海外資産 2次補正原案 交付税5千億円 総額2兆円 販売手数料 純資産額 外国投信 上場投資信託とは ファンド・オブ・ファンズ 株式投資信託 米国債 米ドル 株式ファンド 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。