スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





リートの仕組みと投資するポイント


不動産投資の一つの手段としてマンションやアパートを経営して毎月
安定した家賃収入を得られる大家さんに憧れる人も多いと思います。



しかし、現実問題として賃貸物件を手に入れる為には最低でも数千万、
物件によっては数億円程度の資金が必要です。



ですので、これまで不動産投資は一部のお金持ちだけが可能とされ
ていたわけですが、こうした敷居が高い不動産投資を身近にしてくれ
たのがリート(REIT)=不動産投信です。



リートの投資対象は、賃貸収入が得られる不動産物件です。オフィス
ビルやテナントビル、賃貸住宅を投資対象とするリートもあり、いずれ
も投資家から集めた資金で不動産を購入します。



そして、ファンドは賃貸収入などの収益から管理費などのコストを引い
た残りのお金を配当として投資家に分配します。



リートは1960年代のアメリカで誕生しました。日本の証券取引所にて
リートが上場したのは2001年で、40万前後で購入出来、毎年3~4%
の配当収入を得ることができるので、年々人気が高まっております。


リートのリスクは地価の下落や賃貸収入の下落です。


個人で不動産経営を行う場合と変わりません。


大地震による投資物件の損壊というリスクもございます。


景気が良くなれば、地価の上昇や、賃貸料の値上げも期待できます。


リートを運営する会社は、行き届いた管理や最新の設備を用意する
ことによって、運用しているビルの魅力を高め、築年数がたってから
も賃貸料が下がらないような努力をしています。



そして、過去数年間に渡って、リートが人気が高まったことで、リート
で運用する投資信託が登場するようになりました。



投資信託という形をとることで1万円から購入出来るうえに、複数の
リートに資金が分散されるため、リスクが押さえられるのも魅力です。



基本的に資産運用のポイントの一つに、値動きの異なる商品を組み
合わせることがあげられます。株式、債券、そして不動産を組み合
わせることで、より安定度の高い運用が可能になります。





テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しく調べる




 検索例  

投資信託 資産運用 手数料 などと入力

メニュー


カテゴリー


お問い合わせフォーム



タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

投資信託 郵便局 証券会社 債券 ゆうちょ銀行 ファンド 日経平均株価 資産運用 目論見書 国債 分配金 銘柄 株式 中国株 ETF 外国株式ファンド 外国債券ファンド インデックスファンド 日本株 ファンドマネジャー 有価証券 外国投信残高 基準価額 信託報酬 海外資産 2次補正原案 交付税5千億円 総額2兆円 販売手数料 純資産額 外国投信 上場投資信託とは ファンド・オブ・ファンズ 株式投資信託 米国債 米ドル 株式ファンド 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。