スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ゆうちょ、かんぽで新設専門部署で監督



『ゆうちょ、かんぽで新設専門部署で監督 』


金融庁は、10月の郵政民営化に伴い、「ゆうちょ銀行」と「かんぽ生命保険」の
監督が総務省から金融庁に移ることになりました。


これらに対応するために金融庁で、新たに専門部署を設けることが決まりました。


内容は、課長級の参事官をトップとする定数12人の新部署を設け、うち2人程度
は総務省からの人員を受け入れるとされております。


総務省では、貯金企画課と保険企画課の2課態勢で、適正運営のための監督
に当たっていたもようです。


ゆうちょ銀やかんぽ生命は資産規模では世界トップクラスの銀行、保険会社と
なることに加え、銀行、生保としての監督のほか、完全民営化までの間の新規
業務の認可など独自の対応が必要となります。


このため、他の大手銀や生保とは区別して監督することになりました。


郵貯、簡保に関しては平成15年の日本郵政公社の発足を機に、検査の一部を
金融庁に移管iいたしました。


このため、民営化で新たな銀行、保険会社としてスタートするにあたり、法令順守
態勢や内部管理態勢が金融機関として求められるレベルに達しているか見極める
ため、当面は手厚く監督していく意向を示しております。



「以下の記事より引用」




(産経新聞)

『「ゆうちょ」「かんぽ」新設専門部署で監督 金融庁』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070429-00000011-san-bus_all





コメントの投稿

Secre

さらに詳しく調べる




 検索例  

投資信託 資産運用 手数料 などと入力

メニュー


カテゴリー


お問い合わせフォーム



タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

投資信託 郵便局 証券会社 債券 ゆうちょ銀行 ファンド 日経平均株価 資産運用 目論見書 国債 分配金 銘柄 株式 中国株 ETF 外国株式ファンド 外国債券ファンド インデックスファンド 日本株 ファンドマネジャー 有価証券 外国投信残高 基準価額 信託報酬 海外資産 2次補正原案 交付税5千億円 総額2兆円 販売手数料 純資産額 外国投信 上場投資信託とは ファンド・オブ・ファンズ 株式投資信託 米国債 米ドル 株式ファンド 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。