スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





投資信託のリスクとリターンについて

リスクとは、危険という意味ではなく、金融業界においてのリスク
とは、思惑通りいかない可能性をさします。



ですので、投資信託のようなリスク商品に投資する上でリスクを
取るとは最悪の結果も想定した上で、ことをなす意味です。



しかし、投資にかぎらず人生のいたる場面でリスクを取るか避け
るのかという選択を迫られますので、苦しくない程度にリスクと
付き合っていく方が得策なような気がします。


金融業界では、リスクとリターンは裏表の関係にございます。


投資信託にもリターンだけではなくリスクもございます。


リスクが高い程、リターンも高くなり、うまくいったときと失敗した時
の落差が大きい金融商品をハイリスクハイリターンといいます。



値動きの激しい金融商品として株式があり、その時の相場概況や、
銘柄によって得られる結果はことなりますので、株式はハイリスク
ハイリターンの部類に入ります。



一方、国債などの債券の場合は、個人向け国債のように、元本が
保証されているものもございますので、安心感も高いのですが、
大儲けもないミドルリスクミドルリターンの投資商品です。



また投資信託はファンドマネジャーに運用を委ねることから、投資
する投資信託によっては極度にハイリスクハイリターンです。



しかし、投資信託の中にはミドルリスクミドルリターンの投資信託も
ございますので、上述した金融商品の中間に位置すると思います。



外国株式や外国債券は為替リスクが加わるため当然のことながら
日本株や日本債券よりもリスク度が高くなります。ペイオフが解禁
になってから預貯金でさえ安全確実ではなくなりました。


ですので、今現在リスク無しで資産を運用することはできません。



リスクをゼロにすることは不可能ですが、リスクをコントロールする
ことは、それほど大変なことではございません。賢明な資産運用を
行うためにもリスクをコントロールする必要がございます。


【格安手数料が魅力】 投資信託のことなら松井証券へ!!


※投資信託への投資は自己責任でお願いします。

投資信託に関する記事の誤字脱字、内容の間違いを
含め、一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

郵便局投資信託ではじめる資産運用入門トップへ





テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 債券

さらに詳しく調べる




 検索例  

投資信託 資産運用 手数料 などと入力

メニュー


カテゴリー


お問い合わせフォーム



タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

投資信託 郵便局 証券会社 債券 ゆうちょ銀行 ファンド 日経平均株価 資産運用 目論見書 国債 分配金 銘柄 株式 中国株 ETF 外国株式ファンド 外国債券ファンド インデックスファンド 日本株 ファンドマネジャー 有価証券 外国投信残高 基準価額 信託報酬 海外資産 2次補正原案 交付税5千億円 総額2兆円 販売手数料 純資産額 外国投信 上場投資信託とは ファンド・オブ・ファンズ 株式投資信託 米国債 米ドル 株式ファンド 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。