スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





投資信託と個人向け国債の違いについて




個人向け国債は、発売されるたびにマスコミでも取り上げられる人気商品です。


1万円から購入出来る気軽さに加えて、国が元本保証してくれます
ので、こうした安心感からか非常に人気が高いです!。

【PR】 国債の取引は手数料が格安なCFDが断然お得!



国が個人投資家向けに発行する債券なので、様々な金融機関で販売
されています。郵便局以外の銀行や証券会社でも購入可能です。


ところが実際は、あまり表立っては知られていませんが、「郵便局で買
いたい」という人が非常に多いのです。その理由の一つは口座管理料
などの手数料が無料になっていることです。


銀行等では年間で1000円程度の手数料が必要なところもありますので
こうした点を考慮しても郵便局はお得です。


個人向け国債には、満期が10年で、半年に1度金利が見直される変動
金利型と、満期5年の固定金利型の2種類ございます。


そして、個人向け国債のような話題性は、あまりないですが、利付き国債
も根強い人気がある金融商品です。そして、購入価格、売却価格ともに
市場できまるため、多少複雑な面もございます。

1万円からOK!これからは郵便局ではじめる投資



しかし、満期まで持ち続ければ確実に額面金額が払い戻されますので、
貯金よりも表面利回りが高く、国の債権という安心感も見逃せません。


投信信託は、予め利率が提示されている貯金や国債と違って、運用に
よって利回りが変わりますので注意しなければなりません。


ですので、状況によっては元本割れの可能性もございますが、郵便局
であれば、気軽に納得できるまで説明を受けることができます。銀行や
証券会社では敷居が高いですが、郵便局なら安心です。


すでに預貯金だけでは資産を増やすことが難しいです。郵便局が投資
信託を取り扱うようになったのも、預貯金だけでは利用者のニーズに応
えられないと判断したことが大きな要因です。


こらから投資商品での資産運用に挑戦してみたいという方は、是非一度
最寄りの郵便局によって、資料だけでも取り揃えることをおススメします。







テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 投資信託 郵便局

さらに詳しく調べる




 検索例  

投資信託 資産運用 手数料 などと入力

メニュー


カテゴリー


お問い合わせフォーム



タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

投資信託 郵便局 証券会社 債券 ゆうちょ銀行 ファンド 日経平均株価 資産運用 目論見書 国債 分配金 銘柄 株式 中国株 ETF 外国株式ファンド 外国債券ファンド インデックスファンド 日本株 ファンドマネジャー 有価証券 外国投信残高 基準価額 信託報酬 海外資産 2次補正原案 交付税5千億円 総額2兆円 販売手数料 純資産額 外国投信 上場投資信託とは ファンド・オブ・ファンズ 株式投資信託 米国債 米ドル 株式ファンド 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。