スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





テクニカル分析について



【郵便局投資信託ではじめる資産運用入門】


価格の動きからその後の動きを予想する手法としてテクニカル分析がございます。


これは、パターン分析により短期的な予測は概ね可能とされています。


しかし、ある程度長期の予想に関しましては、その効果は激減します。


大きな流れといったものには、ファンダメンタルズの分析が必要とされています。


国内の金融資産におきましても、政府の動き、日銀の動向、また金融制度や会計
基準の変更といったうごきなども含めた投資商品に影響を与えるとみられる情報
は、広範囲に抑えておく必要がございます。



プロの市場参加者はいろいろな役割分担を担い、分析者もそれぞれが専門分野を
持っており、常に新しい情報を収集し分析しております。


こうしたことから、個人と専門家の間には大きな情報格差が生じてしまいます。




応援クリックお願いします。

FC2 Blog ランキングへ

人気blogランキングへ




※投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。

サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、利用者さまが、
いかなる損害を受けた場合も、当方では一切の責任を負いません
ので予めご了承下さい。

郵便局投資信託ではじめる資産運用入門トップへ





コメントの投稿

Secre

さらに詳しく調べる




 検索例  

投資信託 資産運用 手数料 などと入力

メニュー


カテゴリー


お問い合わせフォーム



タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

投資信託 郵便局 証券会社 債券 ゆうちょ銀行 ファンド 日経平均株価 資産運用 目論見書 国債 分配金 銘柄 株式 中国株 ETF 外国株式ファンド 外国債券ファンド インデックスファンド 日本株 ファンドマネジャー 有価証券 外国投信残高 基準価額 信託報酬 海外資産 2次補正原案 交付税5千億円 総額2兆円 販売手数料 純資産額 外国投信 上場投資信託とは ファンド・オブ・ファンズ 株式投資信託 米国債 米ドル 株式ファンド 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。