スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





資産運用をはじめるにあたっての注意点



年金問題などが浮上したことで将来に対して不安を感じていることから、資産運用を始めたいと
思いながらも、中々第一歩が踏み出せないことにジレンマを感じる方が少なくないようです。



しかし、最初からあまり深く考えず、とりあえず始めてみることをおすすめします。また、最初の
段階から投資先を考える必要は全くありません。「株式投資にしようか、でもFXの方が儲かる
らしいし」といったように中々前に進まないからです。



資産運用のだ一歩は、現状をしっかりと把握することです。具体的には月々の収入がどれくら
いで、支出がどれくらいあって資産がどれだけあるのか銀行や郵便局などの預貯金、株など
の有価証券、財形など、自分の資産をまず把握することです。



この際の支出には当然の事ながら保険や年金、自動車ローンや住宅ローンなどの負債も把握
することです。こうすることで資産状況が明確になります。そして、収入と支出を明かにすること
でどれ位の資金であれば投資することができるといったことが見えてきます。



銀行や郵便局の預貯金、個人向け国債などのロウリスクの金融商品と投資信託のようなミドル
リスクの金融商品と合わせて株式やFXなどのハイリスク商品を検討するのも良いでしょう。



上述したように資産運用を始めるにあたって、まず大切なことは現状把握すること、つまり家計
の資産状況と収支を知ることが一番大事だと思います。実際に始めるにあたっていきなり大き
な運用資金を当てる必要はありません。大切なのは小さなことからコツコツとです。





テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 資産運用 郵便局 投資信託

さらに詳しく調べる




 検索例  

投資信託 資産運用 手数料 などと入力

メニュー


カテゴリー


お問い合わせフォーム



タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

投資信託 郵便局 証券会社 債券 ゆうちょ銀行 ファンド 日経平均株価 資産運用 目論見書 国債 分配金 銘柄 株式 中国株 ETF 外国株式ファンド 外国債券ファンド インデックスファンド 日本株 ファンドマネジャー 有価証券 外国投信残高 基準価額 信託報酬 海外資産 2次補正原案 交付税5千億円 総額2兆円 販売手数料 純資産額 外国投信 上場投資信託とは ファンド・オブ・ファンズ 株式投資信託 米国債 米ドル 株式ファンド 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。