スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





外貨MMFは外貨預金より魅力的


【郵便局投資信託ではじめる資産運用入門】



米ドルの外貨MMFを購入する場合、当然のことながら円をドル
に両替えする必要があります。



この時にかかるのが為替の手数料で、こうしたコストは、外貨
預金よりも、外貨MMFの方が断然低く設定されています。



そして、円から米ドルに両替するとき、取引される銀行や証券
会社にもよるのですが、外貨預金の場合であれば1ドルにつき
1円の手数料がかかります。



一方、外貨MMFの場合であれば、1ドルにつき50銭の手数料を
支払う場合が多いようです。



上述した金額はあくまでも片道の金額ですので、これが往復に
なると馬鹿にすることができないほど大きくのしかかります。



また、外貨預金は設定された満期日以外に解約することが基本
的にできないのに対して外貨MMFはいつでも購入することができ
て、いつでも解約ができます。




そして、外貨MMFの分配金には20%の源泉分離課税がされますが、
為替差益を含むんだ売却益は今現在非課税となっています。


外貨預金と比較することで、外貨MMFがいかに柔軟性の高い金融
商品であるかお分かり頂けるかと思います。




応援クリックお願いします。

FC2 Blog ランキングへ

人気blogランキングへ




投資信託への投資は自己責任でお願いします。

投資信託に関する記事の誤字脱字、内容の間違いを
含め、一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

郵便局投資信託ではじめる資産運用入門トップへ





テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

Secre

さらに詳しく調べる




 検索例  

投資信託 資産運用 手数料 などと入力

メニュー


カテゴリー


お問い合わせフォーム



タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

投資信託 郵便局 証券会社 債券 ゆうちょ銀行 ファンド 日経平均株価 資産運用 目論見書 国債 分配金 銘柄 株式 中国株 ETF 外国株式ファンド 外国債券ファンド インデックスファンド 日本株 ファンドマネジャー 有価証券 外国投信残高 基準価額 信託報酬 海外資産 2次補正原案 交付税5千億円 総額2兆円 販売手数料 純資産額 外国投信 上場投資信託とは ファンド・オブ・ファンズ 株式投資信託 米国債 米ドル 株式ファンド 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。