スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





投資信託の手数料を必ずチェック


基本的に投資信託での運用にかかるコスト(各種手数料)の代表的なものとして
販売手数料、信託報酬、解約時費用の3つがあげられます。



Bシェアという米国で販売されている投資信託があるのですが、このファンドの
特徴として、購入時の手数料がゼロなんです。



しかし、その代わりに信託報酬と解約時手数料で販売手数料分を補います。


今現在、日本の金融機関でも購入することができます。


このタイプの投資信託は販売手数料を投信委託会社が販売会社へ一時的に立て替え、
その後、委託会社は顧客から時間をかけながら信託報酬で回収します。


Bシェアの目論見書には、販売管理報酬というコストがあらかじめ設定されています。


これはどういうものかといいますと、信託報酬が上乗せされる形となっており、
日々払うコストは高く設定されております。



5年程度で委託会社は回収できるように設計されているわけですが、解約手数料も
非常に高く設定されているのが特徴です。



販売手数料がゼロだと何だか得した気分になるところを巧妙についているわけですが、
実際には、販売手数料が全くのゼロというわけではありません。


結果的には分割で払うことになります。


ですので、投資信託を購入して「得したと思ったら、実はそんなことはなかった」と、
いったことにならないように購入前に上述した点をしっかりと確認する必要があります。



特に国内で流通している投資信託のコストは割高に設定されているだけに、年間を
通すと馬鹿に出来ない額になりますので注意してください。






テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 目論見書 投資信託

さらに詳しく調べる




 検索例  

投資信託 資産運用 手数料 などと入力

メニュー


カテゴリー


お問い合わせフォーム



タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

投資信託 郵便局 証券会社 債券 ゆうちょ銀行 ファンド 日経平均株価 資産運用 目論見書 国債 分配金 銘柄 株式 中国株 ETF 外国株式ファンド 外国債券ファンド インデックスファンド 日本株 ファンドマネジャー 有価証券 外国投信残高 基準価額 信託報酬 海外資産 2次補正原案 交付税5千億円 総額2兆円 販売手数料 純資産額 外国投信 上場投資信託とは ファンド・オブ・ファンズ 株式投資信託 米国債 米ドル 株式ファンド 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。