スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





積立投資信託で資産運用するメリット


投資信託と一口に言っても、その種類は膨大にあって、国内に流通しているファンドだけでも相当の数
がありますので、実際に全てに目を通すことは出来ません。


ですので、投資信託への投資を検討されても多くの方が何から手をつけたらよいのか色々な点で迷わ
れているようです。書籍など豊富にありますが、具体性にかけるものが少なくないようです。


そして、郵便局、銀行、証券会社の窓口では敷居が高く気軽に相談できる雰囲気ではありませんので、
結果的には、そのまま投資信託の購入を見送られるケースが少なくないように思われます。


また、多くの方が投資信託への投資にはある程度まとまった資金を必要と思われていると思いますが、
実際にはそんなことはありません。投資信託自体は敷居の低い金融商品です。


積立投資信託であれば一万円から毎月一定金額を継続することで購入することができます。ですので、
それほど大きなお金用意する必要もなく、小額の資金から始めることが出来る上に、購入単価を抑える
ことができ、また分散投資が容易にできるのが大きな特徴です。


そして、基準価額が高い場合は、購入口数が少なくなり、反対に基準額が低い場合は購入口数が多く
なりますので、基本的には毎月一定の金額を積みたてながら、毎月一定の口数を購入するよりも購入
コストを抑えることができるので、そういった意味でも大変お徳です。


こうした仕組みをドル・コスト平均法というのですが、まとまった資金を用意したうえで投資信託を購入
する場合には、やはりそれなりに相場観がどうしても必要とされます。


今現在のように株式市場が連日のように乱高下している状態では、買てすぐに基準価額が大きく下落
する場合も少なくなく、金銭面だけでなく精神的にも大きなダメージとなりかねません。


しかし、ドル・コスト平均法により基準価額が低くなると購入口数が拡大するので、こうした問題を抱え
こまずにすみます。そして積立投資信託は預貯金感覚ではじめらますので、特別な相場観を必要と
しないので、長期投資が絶対とされるのですが、いつから始めても安心です。






テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 郵便局 投資信託

コメントの投稿

Secre

さらに詳しく調べる




 検索例  

投資信託 資産運用 手数料 などと入力

メニュー


カテゴリー


お問い合わせフォーム



タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

投資信託 郵便局 証券会社 債券 ゆうちょ銀行 ファンド 日経平均株価 資産運用 目論見書 国債 分配金 銘柄 株式 中国株 ETF 外国株式ファンド 外国債券ファンド インデックスファンド 日本株 ファンドマネジャー 有価証券 外国投信残高 基準価額 信託報酬 海外資産 2次補正原案 交付税5千億円 総額2兆円 販売手数料 純資産額 外国投信 上場投資信託とは ファンド・オブ・ファンズ 株式投資信託 米国債 米ドル 株式ファンド 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。