スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





運用スタイルの変更には注意する


投資信託で資産運用するリスクの一つに運用スタイル購入した時
と一変してしまう場合があります。



ファンドを運用しているファンドマネジャーの権限があまりにも強す
ぎる場合には、残念ながらファンドマネジャーのさじ加減一つで大
きく変わってしまう場合が少なくありません。



勿論そうすることで良い方向に進むのであれば良いのですが、多く
の場合が投資家の反応を無視したケースが多いので、失敗に終わ
る場合も少なくありませんので、やはり注意が必要です。



こうした背景には、ファンドマネジャーが何らかの理由で後退する
ことになったか、とてつもなく強い権限をもっているかのどちらか
だと思いますが運用方針に一貫性がないのはこまります。



市場の流れに思いっきり流されてしまうことにより当初の運用スタイ
ルが一変するのですが、例えばライブドアや楽天が次世代の企業
として脚光を浴びた時に新興市場の銘柄の投資が活発化しました。



実際に、明らかに運用スタイルとはかけ離れているにもかかわらず、
新興市場銘柄を沢山組み入れてしまうことによって、ファンド自体が
購入した時と全く違う商品になってしまうのです。



これはサッカー日本代表でも同じことが言えると思います。オシム
監督の後を引き継いだ岡田監督は就任当初はオシム監督時代の
メンバーを中心に選手を起用しました。



しかし、今では一変し、全く別のチームになっています。こうしたこと
が良いか悪いかは別にしても、運用スタイルが突然変った場合は一
旦解約して様子を見たほうが良いかもしれません。





テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しく調べる




 検索例  

投資信託 資産運用 手数料 などと入力

メニュー


カテゴリー


お問い合わせフォーム



タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

投資信託 郵便局 証券会社 債券 ゆうちょ銀行 ファンド 日経平均株価 資産運用 目論見書 国債 分配金 銘柄 株式 中国株 ETF 外国株式ファンド 外国債券ファンド インデックスファンド 日本株 ファンドマネジャー 有価証券 外国投信残高 基準価額 信託報酬 海外資産 2次補正原案 交付税5千億円 総額2兆円 販売手数料 純資産額 外国投信 上場投資信託とは ファンド・オブ・ファンズ 株式投資信託 米国債 米ドル 株式ファンド 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。