スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





市場リスクによる影響と対策について


投資信託の魅力は何といっても小額の運用資金で分散投資ができる
ことです。なので、リスクを分散しながら高いリターンを狙うことができ
るのですが、購入前に注意しなければならない点があります。



株式を中心に運用している株式ファンドの場合は、当然のことながら
株式市場の影響を大きく受けます。株式市場全体が上昇局面にある
場合はよいのですが、必ず下落基調に転じる時がきます。



こうした、市場の変化によるリスクを市場リスクというのですが、投資
信託にもこうしたリスクが重くのしかかる場合があります。



一方、比較的リスクが低いとされている債券ファンドにも株式ファンド
と同様に市場リスクがあります。



実際に、債券が取引されている債券市場では国債や社債が取引され
ています。ちなみに国債は国が発行している債券で、社債は企業が
資金調達目的に発行されています。



株式市場全体が低迷することにより、当然のことながら企業の時価
総額も低下しますので、企業の評価は下がります。



また、株式市場全体が下落していることは日本経済のも大きな打撃
を与えることになりますので、国の評価も下がります。



こうした動きがそのまま債券市場でも反映されることになりますので
債券市場では大きく売られる可能性が高まります。



そうなりますと必然的に運用利回りが低下しますので、最悪の場合は
元本割れを起こす場合も覚悟しなければなりません。上述した点を常
に念頭に置いた上で投資信託を売買する必要があります。





テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しく調べる




 検索例  

投資信託 資産運用 手数料 などと入力

メニュー


カテゴリー


お問い合わせフォーム



タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

投資信託 郵便局 証券会社 債券 ゆうちょ銀行 ファンド 日経平均株価 資産運用 目論見書 国債 分配金 銘柄 株式 中国株 ETF 外国株式ファンド 外国債券ファンド インデックスファンド 日本株 ファンドマネジャー 有価証券 外国投信残高 基準価額 信託報酬 海外資産 2次補正原案 交付税5千億円 総額2兆円 販売手数料 純資産額 外国投信 上場投資信託とは ファンド・オブ・ファンズ 株式投資信託 米国債 米ドル 株式ファンド 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。